平成19年9月22日(土)、当神社の奥宮であります天石門別神社の御鎮座千二百年記念大祭が斎行されました。

天石門別神社は、社伝等資料によりますと、「大同2年(807年)坂上田村麻呂が荊切の里をつくりしとき、天石門別神社が鎮座された」と伝えており、今年は数えて丁度千二百年目の嘉節の年にあたります。
その年を記念して、晴天の中、多数の氏子・崇敬者の皆様のご参列のもと、大祭が斎行されました。

当日の様子は以下の通りです。

太鼓 −石門会会員による太鼓奉仕−

神楽 −神楽(浦安の舞)の奉仕−

舞楽 −舞楽(蘭陵王)の奉仕−

戻る