【 受 付 】午前9時〜午後4時まで随時
予約の必要はありません
【ご祈祷料】
(初穂料)
お一人様5,000円


七五三まいりとは

一般には、三歳は男女とも、五歳は男子、七歳は女子のお祝いとされています。
 古来より日本では

   三歳では「髪置(かみおき)…髪を伸ばして結いなおすという儀式」
   五歳では「袴着(はかまぎ)…初めて袴をつける儀式」
   七歳では「帯解(おびとき)…初めて本式の帯を締める儀式」

を行いました。
いずれも乳幼児から子供へと成長を感謝する行事です。三歳・五歳・七歳になった子供が氏神様に参詣し、これまでのご加護を感謝し今後のご守護をお願いします。
七五三詣が、11月15日に行われるようになったのは、将軍徳川綱吉の子徳松君の髪置の祝いを、この日に行ったのが前例になったと伝えられています。
晴れ着を着て、両親に手を引かれて神社にお参りすることは、お子様にとって印象深く一生の思い出となるでしょう。



戻る