茨木神社公式インスタグラム

茨木神社

社務所だより

・昨年の御札・御守、今年の正月飾りなどをお焚き上げいたします御火焚(とんど)は、1月15日(日)午前中に斎行いたします。前々日13日(金)より納め所を設置しておりますので、そちらにお納め下さい。

 

1月15日正午に消火いたします。消火後、正月飾りはお焚き上げすることが出来ませんので、ご家庭にてお塩でお清めの後処分して下さい。御札・御守は引き続き、境内に設置しております古札納所にてお受けいたしますのでお納め下さい。

令和5年十日戎では、「餅撒き」を以下の時刻に茨木神社本殿前にて実施します。

 

【1月9日】

午後3時30分・午後6時30分

【1月10日】

午前11時30分・午後3時30分・午後6時30分

【1月11日】

午前11時30分・午後3時30分・午後6時30分

 

以上です。数に限りがございますので、ご了承下さい。

皆さまお誘い合わせの上、どうぞお越し下さい。

 

阪急沿線の「えべっさん」を紹介するキャンペーンが、阪急電鉄株式会社により以下の通り行われます。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、令和3年より開催を見送っていたため、今回は3年ぶりの実施となります。

 

【日時】令和5年1月8日(日)15時~、17時~(合計2回)

【場所】阪急大阪梅田駅1階中央コンコース・ビックマン前広場

【内容】・福笹の授与

・「吉兆」の授与

詳細は、こちらのページ(阪急電鉄株式会社プレスリリース)をご覧下さい。

新年明けましておめでとうございます。令和5年の今年が、皆さまにとって幸多き良い年となりますよう、ご祈念申し上げます。

 

初詣・個人並びに団体祈祷のご案内特設ページを掲載しております。こちらからご覧下さい。

 

また今年の初詣では、「令和の大造営」記念御朱印を頒布いたしております。初穂料は500円とさせていただいております。数に限りがございますが、皆さまどうぞお受け下さい。

当神社の神事や四季の様子を皆様にお伝えする、社報「うぶすな」第63号を発行いたしました。今号は、「令和の大造営」完遂にあたって、造営に関わる諸神事を特集しております。また抜穂祭や花手水の様子など、令和4年後半の神社の様子を掲載しております。PDFはこちらのページからご覧下さい。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、分散してのご参拝をお願いしております。その一環といたしまして、新年授与品の頒布を12月25日(日)より開始いたします。皆さまどうぞご参拝下さい。

御本殿創建四百年記念事業として遂行してまいりました「令和の大造営」が、皆様のお陰をもちまして無事完遂することが出来ました。心より感謝申し上げます。造営に関する諸神事を特集したページを更新しております。こちらのページよりご覧下さい。

令和4年11月24日(木)午前11時~午前11時30分は、本殿にて神事斎行のため、初宮詣・七五三詣などのご祈祷をお受けすることが出来ません。ご祈祷にお越しの際は、この時間帯を外していただきますよう、お願い申し上げます。

・当社では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のようにさせていただきます。

 

11月の土日祝におけるお昼前後の混雑時には、密を避けるため拝殿へご案内できるご家族様を制限させて頂き、お祝いのお子様お1人につきご家族様2名までとさせて頂く場合がございます。(混雑時には20分程度お待ち頂くこともございます。)【混雑時以外は、人数制限はございません。

 

②初宮詣(お宮参り)・七五三詣はご予約不要で、一年中ご祈祷いたしております。出来るだけ時期を分散して頂き、混雑時を避けてのご参拝をお願い申し上げます。(祈祷受付時間:午前9時~午後4時)

 

③ご参拝の皆様には、マスクの着用をお願い申し上げます。(お子様につきましては、無理のない範囲でご着用下さい。)

 

・また、お車は境内に駐車可能ですので、東参道より境内ヘお入り下さい。なお境内が満車の場合は、警備員が神社に隣接する茨木市営中央公園地下駐車場へご案内いたします。ご祈祷受付時に駐車券を巫女にご提示下さい。駐車無料券(1時間)をお渡しいたします。

 

・詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

 

以上でございます。皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げております。

新本殿への御遷座を大神様にお祝い申し上げる、御本殿創建四百年記念事業「令和の大造営」奉祝祭・奉告祭を、当社の例祭日であります令和4年10月10日に斎行いたしました。

 

献饌・宮司による祝詞奏上、神楽「豊栄舞」奉奏、そして宮司・記念事業委員長をはじめとする関係者の玉串拝礼と続きました。

 

 

 

 

神事の後には、茨木神社雅楽会による舞楽「賀殿」が奉納されました。

 

 

また神事の前後には、琴演奏の奉納や茨木神社石門会による太鼓奉仕も行われ、記念事業の完遂を大神様にお祝い申し上げました。

 

ページのトップへ
Copyright © IBARAKI JINJA. All rights Reserved.